避妊だけじゃないピルの効果

避妊目的で飲むことの多いピルには、避妊以外にも様々な効果があります。
主に、生理に関係した効果、ホルモンバランスの改善による効果、排卵を抑えることによる効果、長期服用による効果などがあります。
生理に関係した効果としては、月経不順の改善、生理痛の軽減、出血量の減少による貧血改善、子宮内膜症の予防と改善などがあります。
ピルを服用することにより子宮内膜が厚くならないうちに生理が起こります。
子宮内膜が厚くなることは受精卵を着床しやすいだけでなく出血量や生理痛にも関係しています。
子宮内膜が厚くならないことにより出血量が減少し、子宮収縮を促す物質の分泌も減ることから生理痛の軽減につながります。
また、子宮内膜症にかかりにくくなったり、子宮内膜症になっている場合では進行を食い止められる可能性があります。
また、生理周期が規則正しく28日周期となるため、生理日の予定がたちやすく、旅行や試験などのイベント等に便利になります。
1ヶ月以上前から調整することで、生理日をずらすことも可能です。
ピルには、女性ホルモンが含まれているため、ホルモンバランスの改善により月経前症候群の軽減、ニキビや多毛などの改善、更年期症状や骨粗鬆症の予防につながります。
ピルによりホルモン状態を安定させることができるため、これらの効果が期待できます。
排卵を抑えることによる効果には、卵巣がんの予防や卵巣嚢腫の減少、子宮外妊娠の減少などがあります。
排卵による卵巣の損傷が減るため、卵巣に発生する病気である卵巣がんや卵巣嚢腫などのリスクを低下が期待できます。
また、子宮頸管粘液が変化することで、精子だけでなくウイルスや細菌が子宮へ進入することを防ぐことができるため、卵管炎や骨盤内感染症などの不妊の原因になる病気にかかりにくくなります。

病院以外でピルを購入するには

日本では、ピルはドラッグストアなどで販売されておらず、病院で処方してもらわなければいけません。
海外では市販しているケースもあるので、旅行の際に購入したり、個人輸入代行サイトを使えば入手可能です。
海外のサイトから購入することもできますが、日本に配送していないケースや、日本で発行されたクレジットカードを使えないケースが多いので、個人輸入代行サイトの利用が無難です。
個人輸入代行サイトは、手数料等が必要ですが、通販のように利用できて便利です。ただし、海外からの取り寄せになるため、自宅に届くまで日数がかかります。ピルを注文する場合には、十分な余裕を持って申し込みましょう。
また、毎日服用するものなので、正規品を選び、信頼できるサイトから購入してください。
製品についている説明書は外国語になりますので、使用方法を理解した上で服用しましょう。
通常、ピルは生理の1日目から、1日1錠ずつ同じ時間帯に服用します。
これは、体内のホルモン濃度を一定にするためで、時間がずれたり飲み忘れたりしないよう注意します。
1シート21錠タイプは、21日間服用を続けたら7日間薬を休み、その後、次のシートの服用を開始します。
1シート28錠タイプは、最後の7錠がプラセボ錠なので、1シートを全て服用し終えたら、休みを取らずに次のシートの服用を開始します。
3相性ピルでは、ホルモンの量が3段階に変化するため、飲む順番を間違えないように注意が必要です。
シートには数字が記載されていますので、1番から順に飲みます。
肥満や高齢、喫煙習慣のある場合には血栓症のリスクが高くなります。
また、持病があったり既往歴によっては、ピルの服用ができない場合もあるため、初回は病院で処方してもらうことをおすすめします。

ピルのメリットとデメリットについて

ピルのメリットで、一番にあげられるのは、その避妊効果です。女性が主体となる避妊方法で、正しく服用すると、ほぼ確実に避妊できます。
日本でポピュラーな避妊方法はコンドームですが、パートナーの協力が不可欠で、しかも破損や装着ミスで失敗する例もあります。
ピルなら、相手が協力してくれなくても避妊できて、毎日飲んでいれば失敗する恐れがありません。
生理周期が安定し、生理痛が軽減したり、経血が減少するなど、生理の負担が軽くなるのもメリットです。
生理のことを気にせずに、仕事や遊び、日常生活を送ることができます。
ピルの副効能として、長く続けていると、卵巣がんや卵巣嚢腫、子宮体がんのリスクを減らすことができます。また、大腸がんの発生も抑えるという報告もあります。
次にピルのデメリットですが、避妊用に使う場合には、毎日同じ時間に飲み続けなければならないことです。
朝の洗面時や夜寝る前など、生活習慣に組み込めば問題ありませんが、難しく感じる人もいるかもしれません。
吐き気や頭痛、不正出血などの副作用が起こる可能性があることもデメリットと言えるでしょう。
ただし、これらの副作用は、飲み始めの時期がほとんどで、2~3シート目になると身体が慣れて症状が消えます。
もし、症状が続いたり、強い場合には、服用中のピルが合ったいない可能性がありますので、医師に相談して、別の種類のピルに替えるとよいでしょう。
非常にまれなケースですが、ピルの重篤な副作用として、血栓症が問題になりました。
血栓症は、命に関わることのある病気ですが、リスクの有無を事前にチェックすることで回避することができます。
婦人科を受診して必要な検査を受けてから処方してもらい、その後も定期的に検診を受ければ、安心して服用できます。
◆緊急避妊薬は事前に用意しておきましょう
アイピル